› クルーズコーディネーターの〇〇の話 › 乗船レポ クリスタルクルーズ

2013年06月27日

最高級船クリスタル・シンフォニー 船内レポート

4/12 最高級客船「クリスタル・シンフォニー」神戸港
アジアクルーズの最終港。

ラグジュアリークラスの船内をレポート。

 

日本郵船(株)の子会社クリスタル・クルーズ社(アメリカ)
コンデナストトラベラー誌 最優秀大型客船 読者投票18年受賞

トラベル&レジャー誌 大型客船 読者投票17年連続1位受賞

 

特徴は、アメリカ船でありながら、「和のおもてなし」と「オールインクルーシブ」

ヴィンテージ以外のワイン、ビール、カクテル等のアルコール飲料、ソフトドリンク。

プールバー、シガーバー、キャビン、レストランどこの場所でも、ご注文いただけます。

基本チップがクルーズ代金に含まれております。

 

シルクロード&寿司バー

松久信幸氏プロデュースの日本料理をベースに、さまざまな世界の料理の要素を取り入れた、

創作和食や、新鮮な素材にこだわった寿司をご堪能いただけます。 

 

常時、日本人5名乗船

日本語新聞、メニューは日本語。

シェフも日本人が乗船しているので、本格和食を堪能。朝食も和定食があるのは嬉しい。

英語が全くできない方でも、何の心配もなく、安心して世界を満喫できます。

洋食が苦手な方も、毎日の食事が楽しみになります。

 

クリスタル・シンフォニー

総トン数:51,044㌧ 全長:238m 全幅:30.2m 建造年:1995年
旅客定員:922名 乗組員数:566名 客室数:476室

 

 

 

クリスタル・シンフォニー船内へ。

レセプションは、たっぷりスペースをとり、ゆとりがある作り。

アトリウムは明るく、開放感がある。ピアノの音色が雰囲気を盛り上げます。

 

 

 

カジノは、スロット、テーブルゲームも充実。

メインレストラン クリスタル・ダイニングルーム 

カジュアル船では大きなテーブルに他のお客さんと相席が殆どですが、

2名席も十分に用意しているのが、さすがラグジュアリークラス。

 

 

 

   

船内免税店も充実。

コーヒー専門店。クリスタルは、コーヒーが美味しい!!

外国で、今まで美味しいコーヒーはありませんが、

クリスタルクルーズのコーヒーは、文句なく美味しい。

チェックインは、船内で。この辺の心づかいも嬉しい。

 

 

 

クリスタルクルーズ名物のスシバー・シルクロード

NOBU松久氏監修の本格日本食・寿司

銀座で2万円以上するようなレベルの寿司など毎日でもいただけます。 

 

  

嬉しいのは、和朝食がご用意されております。

なんちゃって和食ではなく、ご飯、味噌汁、焼き魚、出し巻卵、漬物、焼き海苔。

 

 

 

サブレストラン「プレゴ」 本格イタリアンをお楽しみ下さい。

 

 

シガーバー「コノシェア・クラブ」

 

  

 

キャビン:デラックスステートルーム C/D/E 19㎡

キャビンは全体的に明るい雰囲気。

 

  

キャビン:デラックスステートルーム A/B 23㎡ ベランダ付

 

  

 

 

ペントハウス 34㎡ ベランダ付・バトラー付

ペントハウス・スイート 46㎡ ベランダ付・バトラー付

 

 

 

 

 

 

 

 

この船は清潔感万全です。

例えばレストランの匂い。
普通、匂いが残るものですが、レストラン専用清掃チームがあり、

厨房から徹底的にピカピカになるまで清掃します。

 

上にも書きましたが、初めて外国のコーヒーが美味しいと感じました。

日本レベルのコーヒー。

パブリックスペース、キャビンとも全体的に明るい色を使用。

ラグジュアリーといっても、堅苦しさがない。大人の船。

さすがラグジュアリーの代名詞、クリスタルクルーズ。

違いが分かり、価値が分かる方に、ぜひともお勧めのクルーズです。

自分自身へのご褒美に。


㈱ビガー・トラベル・サービス
℡06-6389-4333
http://www.vigour-travel.com